ウィッグを選ぶ際に注意したい事

白髪が増えた、髪の毛の量が少なくなった、毛質の変化で細くなってしまった、とウィッグを買うか悩むポイントはそれぞれにあります。そして今は、おしゃれ目的やいつもと違う髪型にしたいという気分転換でウィッグを付ける人も増えています。どちらにしても、初めてウィッグを買う場合、どんなウィッグが自分に合っているか装着方法は簡単かなど悩みも多いです。ウィッグを選ぶ際に注意するべきことは沢山あります。特にインターネットで買う場合、写真だとサイズや装着した時の感じ、カラーの若干の違いなど届いてからちょっとと思うこともあります。初めては自分の目で見て実際に装着して比べられる店頭で買う方が無難です。ただ、インターネットで購入するほうが安価で済むことの方が多いので口コミを参考にしたり返品・交換などが出来るサイトから買うと失敗が無くて良いかもしれません。

ウィッグの大きさと素材で選ぶポイント

ウィッグを実際に買うとなった時にどこにポイントを置いて買うかですが大きさと素材にポイントを置いて比較してみます。大きさは実際に装着してみて確認するほうが良いですが、アジャスター付きのタイプなら自分の頭のサイズに調節が出来るのでおすすめです。ウィッグの素材は合成繊維と人毛、その2つを掛け合わせた混合の物があります。合成繊維は各メーカーにより種類は様々です。人毛と違い合成繊維は安価で手に入るのが特徴と言えます。手入れ方法はその種類によって違いがあります。そして人毛のウィッグはやはり自分の髪との馴染みが格段に良いと言えます。お手入れは普段、自分の髪に行っている方法と同じ感覚で出来ます。人毛のウィッグは、髪型を自分の髪と同様に自由自在にヘアアレンジが出来るのもおすすめポイントです。

ウィッグをタイプ別に選ぶポイント

ウィッグは、フルタイプ、ハーフタイプ、トップピースなどがあります。頭を全て覆うフルウィッグはイメージチェンジをしたい方や洋服に合わせて髪型を変えたいなどおしゃれ目的で買う方も多いです。自分の髪と馴染ませたりする手間やテクニックも必要ない為初めてウィッグを買う方におすすめです。つむじや頭頂部などの薄毛が気になる人にはハーフウィッグを装着すると良いです。現状のスタイルのままボリュームアップが出来るところもおすすめのポイントです。自分の髪との境目が気になるという方に今はカチューシャ付きのウィッグなども売られています。これ一つで手軽にヘアアレンジが出来るのも嬉しいポイントです。トップピースは後少しボリュームを出したいという方におすすめでサイズも手のひらほどで手軽に使うことが出来ます。自分の髪と馴染むような色合い、毛質の物を選ぶと自然に見えてウィッグを付けているように見えなくて良いです。